ホーム > 注目 > 芝刈り機にはどういった種類があるのか

芝刈り機にはどういった種類があるのか

芝刈り機は芝の手入れをするために用いるもので、芝の特徴として頻度よく刈り込むと徐々に根が伸びていき、しかも均一になるので、全体的に密度が増してきれいに見えます。このように均一になるようにするには、手でハサミを用いて切るよりも芝刈り機で行った方がよく、どういった芝刈り機を選ぶのかが大変重要になってくるのです。
芝刈り機と言っても様々な種類があり、大きな違いは先についている刃と機械を動かす動力です。先についている刃には、庭があまり広くない場合に用いると良いバリカン式と、長くなってしまった芝を切るのは得意だが、その分大雑把になりきれいに刈りにくいロータリー式や回転はさみ式、芝の刈上がりは大変きれいだけれど頻度がある程度必要なリール式などがあります。
動力に関しても人間が少しずつ動かすことで刈っていく手動式や電気を用いて行う電動式、ガソリンを用いたガソリン式や充電バッテリーを用いたバッテリー式があるのです。近年ではあまり手動式は使われなくなっており、一般的な庭に植えてある芝であればバッテリー式のものを使用することが多くなっています。ガソリン式の場合広いところに植えてある時に用いることが多いのですが、ガソリンの取り扱いが難しいこともあり、近年ではあまり使用されていません。
芝刈り機を選ぶ際には、まず自分はどのくらいの頻度で芝を手入れできるかを考えます。生育期に入ると3日ほどで再び元の長さぐらいまでには成長してしまい、1週間後にはある程度の草丈になっていることが多いです。もし5日ほどで芝を刈る時間があるならばリール式の方がゴルフ場のようにとてもきれいに仕上がるので良いでしょう。ただし、リール式は長くなってしまった芝を刈るには不向きな面があります。ですので、生育期にはいつも芝の状態を気にしなくてはなりません。もしあまり頻度よく手入れができない場合は回転式かロータリー式を選んでください。仕上がりはリール式に比べると劣りますがある程度刈ることができます。

関連記事

  1. 芝刈り機にはどういった種類があるのか

    芝刈り機は芝の手入れをするために用いるもので、芝の特徴として頻度よく刈り込むと...

  2. 散骨をするメリットやデメリット

    遺骨の保管方法として、さまざまなことは考えられますが、その一つに散骨するという...

  3. リレーアタックの防止に役立つケースや道具

    これまでの自動車のように手動でボタンを押したりキーを挿入せず、リモコンを手にし...